栄養

ビタミンB12(シアノコバラミン)

特徴と働き

ビタミンB12(シアノコバラミン)は、その結晶の色がが深紅であることから赤いビタミンとも呼ばれることがあります、糖質やアミノ酸、脂肪酸の代謝にかかわっていて、造血作用も持っていて血液のビタミンとして知られています。
ビタミンB12(シアノコバラミン)はビタミンB9(葉酸)とともに赤血球を生成することが知られています。
そのためビタミンB12(シアノコバラミン)が欠乏すると、異常な赤血球ができる巨赤芽球性の悪性貧血が起こることが知られています。
ビタミンB12(シアノコバラミン)は体内に蓄えることが可能なビタミンのため、通常の食生活の中で不足が起こることはあまりありません。
しかし、ビタミンB12(シアノコバラミン)の殆どが動物性食品に含まれるために、極端な菜食主義者には欠乏が起こるリスクが高いとされ、手術などで胃を除去することで、ビタミンB12(シアノコバラミン)の吸収に必要な胃液の分泌が減ることによる欠乏も知られています。
ビタミンB12(シアノコバラミン)は、必要以上に吸収されることがなく、水溶性ビタミンであることから余分なビタミンB12(シアノコバラミン)は速やかに排泄されることから摂り過ぎによる障害は起こらないといわれています。

ビタミンB12(シアノコバラミン)の栄養摂取基準と摂取量

日本人の食事摂取基準によるビタミンB12(シアノコバラミン)の健康な人の1日の栄養摂取推奨量と国民栄養調査による1日あたりのビタミンB12(シアノコバラミン)の摂取量。
日本人の食事摂取基準国民栄養調査結果
 男性女性 男性女性
成人2.4μg2.4μg平均8.2μg6.8μg
妊婦-+0.4μg強化食品・
補助食品
を摂っている人
--
授乳婦-+0.4μg

ビタミンB12(シアノコバラミン)は水溶性ビタミンの特性上、食品の調理法など摂取方法、病気などおかれた環境によって変化します。

ビタミンB12(シアノコバラミン)を多く含む食品

ビタミンB12(シアノコバラミン)を多く含む食品は、レバーとのり、青魚など魚介類で、野菜や果物には殆ど含まれません。
また、サプリメントなどは、ビタミンB12(シアノコバラミン)の含有量の多いものを一回摂るよりも、含有量の少ないものを数回に分けるなど、こまめに摂ったほうが効果的です。

栄養 栄養素とその成分のサイトでは、ご意見、ご要望、あるいはリンク、提携などを募集しております。
» お問い合わせ