栄養

ナトリウム

特徴と働き

ナトリウムは食塩の主な成分で、おもに血液中と細胞の外にある体液にあり、細胞の体液の水分バランスを極狭い範囲内に収めるために必要とされています。
ナトリウムは、細胞内の体液に含まれるカリウムと共に電気信号を発生させることが知られ、これにより神経や心筋など筋肉を動かすことが出ます。そのためナトリウムは欠かすことのできないミネラルの1つとなっています。
ナトリウムはカリウムとのバランスが大事で、1対1が理想とされていますがナトリウムが多すぎる場合、ナトリウムのみを排泄する機能がないためにカリウムも共に排出されてしまいバランスをとることが難しくなります。
ナトリウムは、汗や尿によって体外に排泄されますが、尿の排泄によってその濃度を調整しています。
ナトリウムは、その血液の水分量に密接に関係していて、ナトリウム濃度が薄くなると血液量は減り、濃度が濃くなると血液量が増えます。
ナトリウムは、摂り過ぎの傾向があり少量で要求を満たせるため欠乏しにくいミネラルですが、欠乏すると血圧の低下や心拍数の増加、ふらつきなどが起こり、ひどい場合には低ナトリウム血症が知られています。
ナトリウムが過剰になると高血圧や余分な体液器が増えることで足首や足のむくみが生じ、脳卒中や心臓病、腎臓病などの生活習慣病のリスクがたまります。ひどくなると高ナトリウム血症が知られています。

ナトリウムの栄養摂取基準と摂取量:

日本人の食事摂取基準によるナトリウム(食塩相当量g/日)の健康な人の1日の栄養摂取推定平均必要量と国民栄養調査による1日あたりの食塩(ナトリウム×2.54/1000)の摂取量。
日本人の食事摂取基準国民栄養調査結果
 男性女性 男性女性
成人600mg
(1.5g/日)
600mg
(1.5g/日)
平均
(ナトリウム)
12g
(約4,800mg)
10.5g
(約4,134mg)
妊婦-+0mg強化食品・
補助食品
を摂っている人
--
授乳婦-+0mg
日本人の食事摂取基準によるナトリウム(食塩相当量g/日)の目標量は、成人男性10g/日未満、成人女性8g/日未満とされています。
ナトリウムは摂り過ぎの傾向があり塩分の摂取には注意が必要です。

ナトリウムを多く含む食品

ナトリウムを多く含む食品は、干物やたらこ、塩辛、漬物など加工食品やインスタント食品、菓子類。

栄養 栄養素とその成分のサイトでは、ご意見、ご要望、あるいはリンク、提携などを募集しております。
» お問い合わせ