栄養

*栄養

栄養は人が生きていくうえで欠かすことのできない成分で、体を構成する栄養素や体を動かす栄養素、体の中で作れる栄養素から、常に補給しなければいけない栄養素まで、様々な働きをする多種多様な栄養素があります。

人の体を構成する成分は約60%が水、約15〜20%がたんぱく質、約13〜20%が脂質(脂肪)、約5〜6%が微量元素などで出来ています。
これら栄養素は、全て食品など食べ物から摂れるものばかりで、酸化や老化などにより古くなると新しくするために常に補給することが求められています。

体を動かしたり体自体を作ったりする、たんぱく質、脂質(脂肪)、炭水化物(糖質)は3大栄養素といわれとても大事な栄養素ですが、それぞれにも多くの種類の栄養成分が存在します。
3大栄養素の働きをサポートする、ビタミン、ミネラルは3大栄養素にプラスして5大栄養素いわれ、これらにも多くの種類の栄養成分が存在します。
このほかにも栄養素には、体の掃除をしたり体を守ったりする栄養成分から、まだその役割が分かっていない成分まで沢山存在しています。

栄養の基本

医食同源、予防医学、食育等が示すとおり、人の健康には食事が欠かせません。
食事をすることで生命を維持するのに必要な栄養を摂取することが目的です。
そんな栄養は、いろんな食品にいろんな成分・・・
栄養の基本の続きを読む »

たんぱく質

たんぱく質は身体の筋肉・爪・皮膚・臓器・毛髪・血液・酵素・インシュリン・ホルモン・免疫抗体・遺伝子など、体の様々な部分を構成する細胞の主成分です。
体内に取り入れたビタミンやミネラル等を・・・
たんぱく質の続きを読む »

炭水化物(糖質)

5大栄養素の1つであり、3大熱量素の脂質、たんぱく質とともに人のエネルギー源となる重要な栄養素で、体を動かすスポーツをする、勉強をするときは積極的に使われますし、脳にとっては唯一のエネルギーとなります。
炭水化物は糖質とも・・・
炭水化物(糖質)の続きを読む »

脂質(脂肪)

脂質はエネルギー源として使われる他に、細胞膜・血液・ホルモンなどの原料となり、ビタミンA・D・Eなどの脂溶性ビタミンの吸収を助ける役割があり、肌や頭皮の健康にかかわっています。
しかし、脂質は摂り過ぎの傾向にあります、即効性のエネルギーである糖質と違い、脂質は・・・
脂質(脂肪)の続きを読む »

ビタミン

よく耳にし身近に感じるビタミンは、それ単体で働くよりも人の体内で行われる活動、生体活動を補う役目が多く酵素の働きを補う等、3大栄養素の炭水化物、脂質、たんぱく質に比べると裏方的役割が多いが、なくてはならない存在です。
ビタミンの量は微量でありながら・・・
ビタミンの続きを読む »

ミネラル

ミネラルは、炭水化物(糖質)、脂質、たんぱく質、ビタミンとともに5大栄養素といわれ、人にとって欠かすことのできない栄養素です。
ミネラルは、無機質とも言われ、ビタミン・・・
ミネラルの続きを読む »

食物繊維

食物繊維は、ほかの栄養素のように消化酵素で消化され腸で吸収されることがなくそのまま排泄されることから、かつて食べ物のカスと呼ばれ・・・
食物繊維の続きを読む »

ファイトケミカルス

炭水化物(糖質)、脂質、たんぱく質を3大栄養素といっていた時代から、ビタミンやミネラルの体への影響が重要であることから、2つとも加えられ5大栄養素呼ばれるようになりました。
そこに比較的新しく体には何のメリットもないと思われていた食物繊維が体に欠かせないことから第6の栄養素としてもてはやされた時代がありました。
ここ最近の研究で、それ以外の物質にも体にとって大切な働きをする・・・
ファイトケミカルスの続きを読む»

Yahoo!検索

  • サイト検索
  • ウェブ検索

栄養 栄養素とその成分のサイトでは、ご意見、ご要望、あるいはリンク、提携などを募集しております。
» お問い合わせ